岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
インフォメーション
お知らせ

ミニ企画展示「百年公園の自然を調べる」を開催中

 岐阜県博物館では、環境省のプロジェクトである「モニタリングサイト1000里地(さとち)調査*」に参加し、2009年から、博物館サポーターと共に岐阜県百年公園の植物相と動物(鳥類、哺乳類、チョウ類)を調べています。
 調査を開始して7年しか経過していませんが、調査結果から、冬越しする鳥の減少、数が多いチョウ類の順位の変動、イノシシの侵入など、百年公園の自然が刻々と変わっていることが読み取れます。
 今回は、動物の調査について、2016年までの調査結果から明らかになったことを、標本資料などとあわせて紹介します。ぜひお越しください。

展覧会名 百年公園の自然を調べる
開催期間 平成29年11月11日(土)~平成30年1月31日(水)
観覧料 特別展期間中(11月11日~11月19日) 一般600円 大学生300円 高校生以下無料
上記以外(11月21日~) 一般330円 大学生110円 高校生以下無料
主な展示資料 (1)鳥類のはく製:サンコウチョウ、オオルリ、ミヤマホオジロなど14種
(2)チョウ類標本:ギフチョウ、アカシジミ、キタキチョウなど20種
(3)調査用の道具:赤外線センサーカメラ、調査用腕章、記録用紙など
関連リンク 記者発表資料(岐阜県庁ホームページ)
  • HOME
  • >
  • ミニ企画展示「百年公園の自然を調べる」を開催中

ページトップへ