岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
催し物案内
催し物案内
イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

三重県総合博物館(MieMu)交流企画「100年で虫はこれだけ変わる!」

大島康宏三重県総合博物館の昆虫分野担当の大島康宏学芸員が、栃木県日光市において100年前に調査された記録をもとに、再調査をしました。100年たって住んでいるチョウの種類だけでなく、実はチョウに与えられている名前も変わっていました。本講演会では、100年で変わったチョウの種類や名前についてお話しします。

日時 2016年10月16日(日)PM 1:30PM 3:00
講師 大島 康宏(おおしま やすひろ)(三重県立総合博物館 学芸員)
定員・条件 120名(先着順、中学生以上)
会場・住所 岐阜県博物館 ハイビジョンホール(関市小屋名1989)
費用・参加費 無料(ただし、博物館本館の展示を観覧される場合には、所定の入館料(一般800円、大学生400円、高校生以下無料)が必要です。)
主催 岐阜県博物館
内容 1.講師紹介  
2.講演 
3.質疑応答
申込みについて 申込開始 2016/08/16(火)~申込終了 2016/10/15(土)
電話又は岐阜県博物館ホームページの申込みフォームからお申込みください。(定員になり次第締め切ります。)
備考 ◆事前申込された方は開始時間までに入場してください。
◆当日開始時間に遅れる場合には必ずご連絡をお願いします(電話0575-28-3111)。
◆連絡なく開始時間までに入場されない場合、予約取消となりますのでご承知おきください。
◆当館は百年公園内にあり、駐車場から博物館入口までは300m程離れております。
時間に余裕をもってお出かけください。

  • HOME
  • >
  • 三重県総合博物館(MieMu)交流企画「100年で虫はこれだけ変わる!」

ページトップへ