岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式X
  • 公式facebook
  • 公式Instagram
特別展・企画

特別展・企画展など

企画展「返還30年 美濃の赤羽刀総覧:美濃伝をたどる」
2024/04/20(土)~ 2024/06/23(日)

接収刀剣類、いわゆる「赤羽刀」返還からまもなく30年になることから、岐阜県内の赤羽刀を総覧する展覧会を開催します。赤羽刀とは、第二次世界大戦後、日本の武装解除の一環でGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に接収された後、文化財として返却され、全国の公立博物館等に無償譲渡された日本刀です。
岐阜県博物館が所在する関市は現在も多くの刀剣関係の職人(刀職)が活躍する中世以来の刀剣産地であるため、全国最多の赤羽刀を受領し、当館も多くの赤羽刀を所蔵しています。
本展は、関市・岐阜県博物館の整備済み赤羽刀を主に、美濃鍛冶の始まりである西郡・赤坂鍛冶から最盛期の関鍛冶、さらに幕末の美濃刀まで、約70振りを展示します。また、関市においても連携展覧会を同時開催し、岐阜県博物館を含む市内3会場で、併せて100振りを越える美濃ゆかりの赤羽刀が一望できます。
古くは室町時代の兵変から先の戦争まで、あまたの戦乱を潜り抜け、多くの先人の努力で伝世された郷土刀の一大コレクション群と出会うまたとない好機となります。ぜひ来場・鑑賞ください。

「ポケモン化石博物館」 特別展「ポケモン化石博物館」
2024/07/19(金)~ 2024/10/27(日)

この度、岐阜県博物館で特別展「ポケモン化石博物館」を開催することが決定いたしました。
詳細につきましては、随時当館のホームページ等でお知らせいたします。

開催中
岐阜県博物館移動展・飛騨高山まちの博物館春の特別展
「UKIYO-E -多岐多様-」

2024/04/06(土)~ 2024/06/09(日)

江戸時代に庶民の娯楽や世相を紹介し人気を博した浮世絵は、開国によって国外にも流通しヨーロッパ画壇にも大きな影響を与えました。その芸術的価値は高く評価され、現在も日本を代表する文化の一つとして位置づけられています。今回は岐阜県博物館の所蔵する作品のうち、浮世絵に描かれた多様な岐阜(飛騨・美濃)の魅力を紹介します。

サテライト展示@モレラ岐阜
岐阜県博物館・岐阜大学連携企画「絶滅から救え!ぎふの鳥ライチョウ」

2024/04/26(金)~ 2024/05/23(木)

絶滅危惧種であり、保全活動が行われている貴重な鳥「ライチョウ」に関わる資料を展示します。

博物館・図書館連携企画展「美しい鉱物の世界」
2025/01/05(日)~ 2025/02/19(水)

地球が誕生し46億年、この長い地球の営みで生み出された鉱物は大地の至る所に眠っています。これらの鉱物は資源として活用されるだけではなく、その美しさから装飾に使われるなど、人の目も楽しませてきました。また、かつては岐阜県にも日本有数の鉱山があり、多くの鉱物が産出していました。
今回の展示では、当館がこれまで収集したものの中から、きれいな色や不思議な形の鉱物、地球をつくるもととなった隕石などを厳選し、展示します。

博物館・文化財保護センター連携企画展
「寺院跡からみた岐阜の歴史 ―古代・中世寺院跡総合調査の成果より―」

2024/11/09(土)~ 2025/01/13(月)

岐阜県下では令和4年度まで実施された岐阜県古代・中世寺院跡総合調査によって、1,918か寺の古代・中世寺院が確認されました。一方、各地で古代・中世寺院跡を対象とした発掘調査が実施されています。それらの調査によって、寺院跡からみた県内の古代・中世の様子が少しずつ明らかになってきました。
本連携企画展では、岐阜県古代・中世寺院跡総合調査の成果報告と、県内の主な寺院跡の発掘調査の出土品を展示し紹介します。

サテライト展示@イオンモール土岐
岐阜県博物館・岐阜大学連携企画「絶滅から救え!ぎふの鳥ライチョウ」

2024/05/31(金)~ 2024/07/04(木)

絶滅危惧種であり、保全活動が行われている貴重な鳥「ライチョウ」に関わる資料を展示します。
※こちらの展示はパネル展示です。

開催中
サテライト展示@マーゴ
岐阜県博物館・岐阜大学連携企画「絶滅から救え!ぎふの鳥ライチョウ」

2024/04/13(土)~ 2024/05/12(日)

絶滅危惧種であり、保全活動が行われている貴重な鳥「ライチョウ」に関わる資料を展示します。
※こちらの展示はパネル展示です。

  • HOME
  • >
  • 特別展・企画展など

ページトップへ