岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
催し物案内
催し物案内
イベントを読み込み中

弥勒寺史跡公園を歩く

関市池尻の長良川沿いは、奥長良川県立自然公園に指定された景勝地である一方、国指定史跡・弥勒寺官衙遺跡群、国重要無形民俗文化財の小瀬鵜飼、岐阜県史跡・円空入定塚など、県内随一の文化財の宝庫でもあります。今回、長年調査に携わる関市教育委員会学芸員とともに、それら文化財を活かし現在整備中の「弥勒寺史跡公園」を見学して文化財の魅力を味わいます。

日時 3月 4日(日)PM 1:00PM 3:00
講師 田中 弘志・森島 一貴(関市教育委員会)
定員・条件 30名(先着順、小学校低学年以下は保護者同伴)
会場・住所 弥勒寺史跡公園(関市池尻地区)
 ※集合場所:弥勒寺史跡公園駐車場
費用・参加費 円空館入館料が別途必要
主催 岐阜県博物館
共催 関市教育委員会
内容 弥勒寺遺跡群、円空館、円空入定塚、小瀬の鵜匠家などの見学
申込みについて 申込開始 2018/01/23(火)~申込終了 2018/02/28(水)
電話又は岐阜県博物館ホームページの申込みフォームからお申込みください。(定員になり次第締め切ります。)
備考 ◆対象:小学生以上 ※小学校低学年は保護者同伴
◆集合場所:弥勒寺史跡公園駐車場
◆全行程で約5キロ歩きます。御自身の健康状態や体力をチェックしたうえでご参加ください。
◆小雨決行。ただし、警報発令時及び大雪等悪天候の場合は中止となります。
持ち物・服装 歩きやすい服装、携帯電話(緊急時連絡用)
  • HOME
  • >
  • 弥勒寺史跡公園を歩く

ページトップへ