岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
博物館の案内

博物館概要

1 設置目的

岐阜県の人文、自然両分野にわたる諸資料を収集、保管、調査研究、公開し、併せて教育普及活動を行うことにより、広く県民の学習の場となり、また文化財保護の精神の涵養に役立て、新しい教養と文化の発展に寄与することを目的とする。

2 基本的性格

・岐阜県の人文(考古、歴史、民俗、美術工芸)、自然(動物、植物、地学)等に関する諸資料の収集保管、展示、調査研究及びそれらの活用を図る総合博物館とする。
・県内外の博物館及び相当施設との活発な交流を図るとともに、本県の中央博物館としての役割を果たす内容と設備を有する施設とする。
・学校・社会教育機関等との密接な連携を図り、利用者が楽しく学習することができ、未来への研究心と創造性を開発できるような生涯学習機関とする。
・館蔵資料や地域情報のデジタル化を進め、ホームページの広報機能と学習機能を充実させる。
・資料の収集及び保存並びに展示に関する専門的な調査研究を推進する。

3 基本方針

(1) 資料収集活動
県内の人文・自然等に関する資料を収集する。
資料は、実物を中心とするが、必要に応じて厳密な 考証に基づく復元模型を含める。
寄贈、寄託、借用、購入等により収集する。

(2) 展示構成
展示は、常設展示と企画展示とする。
常設展示は、人文・自然の2部門に分け、それぞれ総合展示と課題展示を行う。
総合展示は、概説的な内容とし、誰もが親しめる平易な展示とする。
課題展示は、コーナー毎にテーマを設定して、概説にとどまらない、より深く理解するための展示とする。
企画展示は、一定期間に、特定のテーマを設定して年に数本を行う特別展・資料紹介展などがある。
展示は以下の点に留意する。
・生涯学習の場として、幅広い年齢層に親しめる展示
・資料の単なる羅列ではなくストーリー性のある展示
・各時代の特色やテーマの本質をとらえた展示
・できる限り実物資料の展示とするが、図表や模型等の資料も活用した展示
・できる限り資料に直接触れることのできる展示
・視聴覚機器などを取り入れ、見る人に強く訴える展示
・解説が明確で分かりやすい展示
 各展示室の主題と内容は、次のとおりである。
・人文展示室1(人文総合展示)
主題「郷土のあゆみ」・・・先史時代から近代、現代に至るまでの歴史の流れと、各時代の特色を展示する。
・人文展示室2(人文課題展示・企画展示)
 主題「郷土の民俗と美術工芸」・・・特色ある郷土の民俗と美術工芸を部門別、時代別に展示する。
・自然展示室1(自然総合展示)
 主題「郷土の自然とおいたち」・・・郷土の自然の概要を系統的に展示する。
・自然展示室2(自然課題展示)
主題「郷土のさまざまな自然」・・・特色ある自然物や事象をテーマ別に系統的に展示する。
・特別展示室(企画展示)
資料紹介展などの企画展示を行う。

(3) 調査研究活動
・博物館資料に関する専門的、技術的な調査研究を行う。
・博物館資料の保管及び展示等に関する技術的な研究を行う。

(4) 教育普及活動
・展示や博物館資料に関連した教育普及活動を行う。
・学校教育や社会教育の関係機関・団体との連携・協力に努める。
・サポーターとの協働や県民の自主活動の支援事業等を推進する。
・マイミュージアムギャラリーを運営し、個人などによって収集・所蔵されているコレクションを公開展示することにより、生涯学習の成果発表の場とするなど、県民文化の向上と交流を図る。

4.事業計画

5.自己点検・自己評価(博物館自己点検システムに基づく)

6.博物館協議会

7.館報

8.広報資料

ページトップへ