岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
展覧会情報
特別企画展

特別展「剣精霊貫白虹 ―幕末美濃の剣豪と名刀―」

2019/07/12(金)~ 2019/09/08(日)

 幕末動乱期、江戸と京の間に位置する美濃には、水戸天狗党や東山道鎮撫隊、和宮降嫁の往来があり、一党が敵味方に分かれる郡上・凌霜隊や高須四兄弟の悲劇がありました。
 新撰組・近藤勇を斬首した旗本岡田家剣術指南役・横倉喜三次を中心に、幕末美濃の群像を取り上げ、併せて、廃刀令という危機をまたいで作刀の伝統をつないだ幕末から明治期の新々刀を紹介します。この時代の名工・源清麿や美濃の御勝山永貞の名刀を出品します。
【佐分利流鑓目録一之巻(部分) 横倉喜三次所持(岐阜県博物館蔵)】

展覧会名 特別展「剣精霊貫白虹(けんのせいれいはっこうをつらぬく)―幕末美濃の剣豪と名刀―」
開催期間 2019年7月12日(金)~2019年9月8日(日)
観覧料 入館料:一般600(520)円 大学生300(200)円 高校生以下無料 ※( )内は20名以上の団体
ダウンロード チラシ表・チラシ裏
備考 記者配付資料

 

  • HOME
  • >
  • 特別展「剣精霊貫白虹 ―幕末美濃の剣豪と名刀―」

ページトップへ