岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
展覧会情報
マイミュージアムギャラリー

第5回展示「ミニチュア古民家模型と建具展 ~神代杉を使った芸術作品~」

2018/02/03(土)~ 2018/03/21(水)

神代杉(じんだいすぎ)は水中や土中、火山灰に長く埋もれていた杉材で、暗(あん)灰色(かいしょく)や淡黒色(たんこくしょく)など独特に木目や風合いを持つことで知られ、工芸品や日本建築に用いられています。可児市在住の肥田さんは建具職人として長年活躍され、引退後は建具の製作で身につけた技術を使って、神代杉を用いた合掌造りや古民家、花入などを趣味として制作しています。今回は、これまでに制作した神代杉による作品50点余のほか、建具職人時代に製作した建具10点余を展示します。

展覧会名 ミニチュア古民家模型と建具展 ~神代杉を使った芸術作品~
開催期間 平成30年2月3日(土)~3月21日(水・祝)
出展者 肥田 光男(ひだ みつお)
観覧料 無料(ただし、本館の観覧には別途入館料が必要です)
ダウンロード チラシ
関連リンク ※準備中
  • HOME
  • >
  • 第5回展示「ミニチュア古民家模型と建具展 ~神代杉を使った芸術作品~」

ページトップへ