岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
展覧会情報
マイミュージアムギャラリー

第1回展示《久松真一記念館・抱石庵移動展》「知の巨人」久松真一『禅と芸術』の世界

2019/04/20(土)~ 2019/05/19(日)

岐阜県を代表する哲学者で、茶人でもある久松真一(ひさまつしんいち)氏を紹介する記念館「久松真一記念館・抱石庵(ほうせきあん)(国登録有形文化財)」の移動展です。久松真一氏は、京都帝国大学哲学科在学中師事していた西田幾多郎(にしだきたろう)から「抱石」の号を授かり、昭和49年帰郷後没するまで過ごした自宅を岐阜の「抱石庵」と呼びました。今回は、久松真一氏の遺墨、遺愛の茶碗のほか白隠(はくいん)、西田幾多郎の書画、同氏と交流があったハイデッカーや湯川秀樹、柳宗悦(やなぎむねよし)、イサムノグチらの書簡など60点を通して、「知の巨人」久松真一の世界に迫ります。
(久松真一氏 画像提供:久松真一記念館)

展覧会名 《久松真一記念館・抱石庵移動展》「知の巨人」久松真一『禅と芸術』の世界
開催期間 2019年4月20日(土)~5月19日(日)
出展者 久松真一記念館(抱石庵)
観覧料 無料(ただし、本館の観覧には別途入館料が必要です)
ダウンロード チラシ(表)チラシ(裏)
関連リンク 記者発表資料(岐阜県庁ホームページ)

関連イベント

現地見学会「久松真一記念館 哲学と禅と茶を体感する半日旅行」
4月 13日(土)AM 10:00PM 12:00
カテゴリー:
場所:久松真一記念館(岐阜市長良福光228−2)
講師:久松 定昭(ヒサマツ サダアキ)・久松真一記念館館長
  • HOME
  • >
  • 第1回展示《久松真一記念館・抱石庵移動展》「知の巨人」久松真一『禅と芸術』の世界

ページトップへ