岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
展覧会情報

特別展・企画展

開催中
特別展「岐阜は日本のど真ん中 ―岐阜県植物誌は語る―」
2019/09/20(金)~ 2019/11/17(日)

 令和元年の今夏、平成時代のおよそ20年の歳月を費やした「岐阜県植物誌」が発刊されました。当館所蔵資料を中心におよそ13万点もの植物標本を用いた調査研究が進められ、完成したこの「岐阜県植物誌」には、種ごとの検索表、全種の分布図、代表的な植物の植物画の紹介があり、全国に誇る質の高い植物誌です。
 本特別展では、この岐阜県植物誌に示された植物の分布状況を根拠とし、岐阜が「日本のど真ん中」であることを、新たな岐阜の魅力として紹介します。

開催中
博物館・岐阜大学連携企画展「Historia Universitis Gifuensis ~岐阜大学70年のあゆみ~」
2019/09/28(土)~ 2019/11/10(日)

岐阜大学学術アーカイブズのスタート記念として、岐阜大学の歴史と現在を、長年の研究成果として岐阜大学が蓄積してきた資料と解説パネルにより紹介します。また、岐阜県博物館の博物館機能全県域展開の一環として、県博物館が所有する岐阜大学に関わる資料を共に展示し、地域と共に歩む大学の姿や県博物館と岐阜大学の協働研究についても紹介します。

企画展「岐阜の城館探訪 ―城が語る郷土の歴史―」
2019/11/23(土)~ 2020/01/26(日)

 お城は歴史的出来事の舞台であり、地域の歴史を語る証人です。現在も地域のシンボル的な役割を担っているものも少なくありません。岐阜県内には800か所もの城館跡があり、各地で発掘調査も行われています。
 本企画展では、県内の特徴的な城館跡について、その調査成果から地域の歴史を見直していきます
【美濃金山城石垣】

博物館・図書館連携企画展「清流長良川 ―鮎を育む自然と文化―」
2020/01/18(土)~ 2020/03/15(日)

 岐阜県では、長良川流域における人々の生活、水循環、漁業資源が連携する里川のシステムについて、世界にも特殊性があると評価され、平成27年12月に、「清流長良川の鮎(長良川システム)」として、世界農業遺産に登録されました。
 本展では、長良川の多様な自然のあらまし、鵜飼などの伝統漁法、水とつながる伝統工芸品を中心に展示し、世界農業遺産に指定された長良川の自然と文化を紹介します。
【小瀬鵜飼】

ページトップへ