岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
常設展

てくてく ぎふけんぱく(動画)

岐阜県博物館の常設展を歩いてめぐる動画は、こちら

各フロアのご案内

※フロアマップ内の展示スペース名をクリックすると、詳しい案内をご覧になれます。

人文展示室

《郷土のあけぼの》
A 石器を使っていた時代
B 縄文時代のくらし
C 縄文土器と縄文文化
D 弥生時代の道具
E 古墳時代のくらし
F 律令制のひろまり
G 古代の美濃と飛騨
H 仏教の広まり

《地方信仰》I 山岳信仰
J 神仏へのねがい
《武家社会》
K 永保寺開山堂
L 武家の支配
M 戦国の武将たち
N 関ヶ原合戦
岐阜県文化財保護センター連携展示コーナー

 

《濃飛の江戸時代》O 輪中のくらし
P 村のくらし
Q 美濃の紙すき
R 濃飛の街道と宿場
《郷土の100年》
S 学用品 児童雑誌
T 岐阜のあゆみ/むかしの道具

縄文時代のくらし
縄文時代の人びとは竪穴建物(たてあなたてもの)に住み、動物や木の実をとってくらしていました。
このコーナーでは、縄文人のくらしについて展示しています。


弥生時代の道具
弥生時代の人びとは、米作りをはじめ、きまった場所に村をつくってくらしていました。また、このころには鉄や銅の道具を使えるようになりました。このコーナーでは、住居の跡から見つかった弥生土器や、祭りに使われた銅鐸などについて展示しています。


古墳時代のくらし
古墳時代になると、おおくの村がまとめられ、それを支配する力をもったリーダーがあらわれました。その人たちのお墓を古墳といいます。このコーナーでは、古墳のなかの様子や、一緒に埋められていた品物などについて展示しています。

律令制のひろまり
飛鳥時代の後半になると、大王が大きな力を持って法律で国を治めるしくみ(律令制)が日本の政治に取り入れられました。
このコーナーでは、そのきっかけとなった壬申の乱について展示しています。

仏教のひろまり
この時代には、仏の力で国を護ることを願って仏教が広まりました。奈良時代の聖武天皇は日本全国に国分寺・国分尼寺をつくるように命じました。このコーナーでは、美濃国分寺の様子や、護国之寺(ごこくしじ)に伝わる国宝「金銅獅子唐草文鉢」について展示しています。

山岳信仰
日本固有の神の信仰と仏教信仰が融合した山岳信仰は、美濃・飛騨では高賀山信仰と白山信仰が隆盛しました。 このコーナーでは、山岳信仰に関する資料を展示しています。

神仏へのねがい
神社や寺院は、人々のあつい信仰に支えられて深く根をおろしていきました。民衆や武士などそれぞれの願いを込めて、社寺の建立や神像・仏像などを奉納しました。このコーナーでは、美濃・飛騨に残る仏教美術を展示しています。

永保寺開山堂
永保寺は鎌倉時代末に夢窓疎石が現在の多治見市虎渓山町に建てた寺です。観音堂・開山堂が国宝に、庭園が国名勝に指定さるなど、文化財の宝庫であり、岐阜県を代表する古刹です。このコーナーでは、普段見ることができない国宝開山堂の部分模型を展示しています。

武家の支配
中世になると力をつけた武家が全国を治めるようになりました。美濃国では守護土岐氏や守護代斎藤氏が、飛騨国では国司姉小路氏や三木氏が力を持ちました。このコーナーでは、それら美濃・飛騨の武家に関する資料を展示しています。

戦国の武将たち
戦国時代には、力のある武将が相争いました。美濃では斎藤氏が守護土岐氏を追放しましたがそのあと、織田信長に倒され、飛騨では三木氏が統一を果たしました。このコーナーでは、戦国時代の美濃・飛騨について展示しています。

関ヶ原合戦
慶長5年(1600)、徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が関ヶ原(現在の不破郡関ケ原町)で激突しました。この天下分け目の戦いに勝利した家康は、このあと江戸幕府を開きます。このコーナーでは、関ヶ原合戦の動きをジオラマ上で再現しています。

村のくらし
森林面積全国5位・森林率2位の岐阜県は「木の国、山の国」とうたわれる通り、豊かな山林資源をさまざまに活用して暮らしてきました。

美濃の紙すき
最古の和紙・正倉院文書に遡る美濃製の和紙は美濃紙(書院紙)に代表される最高品質で古来知られています。ユネスコ無形文化遺産・本美濃和紙は東京オリンピックで使用される予定です。

濃飛の街道と宿場
江戸時代には、五街道をはじめとした街道が整備されて全国が結ばれていました。美濃国内には、江戸と京都を結ぶ中山道が通っており、17の宿場が置かれていました。このコーナーでは、街道にかかわる資料を展示しています。

学用品 児童雑誌
明治5年(1872)の学制公布に始まる近代教育制度のもと、児童生徒用のさまざまな学用品や児童雑誌が子どもたちの教育を担ってきました。

岐阜のあゆみ/むかしの道具
明治・大正・昭和・平成・令和とわたしたちの暮らしとその道具は多彩に変化してきました。数世代前の生活用具に暮らしの発展を見て取れます。

自然展示室1

Ⅰ 自然のおいたち 岐阜県の大地の成り立ちについて紹介しています。
先カンブリア時代 B 古生代  C 中生代 D 新生代
Ⅱ 自然のすがた「飛騨濃水」といわれる岐阜県の現在の自然を紹介しています。
山の国 F 水の国
Ⅲ 自然とひと自然の山や川などと人の関わり方について紹介しています。
川とひと森とひと外来生物

隕石は語る
1909年7月24日、岐阜市北部から美濃市にかけて落下した美濃隕石を展示し、隕石が語る地球誕生の歴史を紹介しています。


日本最古級の石
飛騨川河床の上麻生礫岩を展示しています。この礫岩の中には約20億年前にできた片麻岩(珪長質片麻岩)の礫が含まれており、日本列島で見つかっている最古級の岩石です。

飛騨片麻岩
日本でも最も古い時代にできた飛騨片麻岩を展示しています。この飛騨片麻岩を含む飛騨帯は複雑な歴史をもつ岩石で、いまだに多くの謎が残されています。

オルドビス紀(福地)の海
日本最古の化石(コノドント)が発見された高山市福地地域の化石をジオラマとともに展示しています。この地域には、サンゴ、三葉虫などの暖かくて浅い海にすんでいた生物の化石が多産します。


謎の巨大二枚貝
岐阜県内の石灰岩地域で発見された古生代最大の二枚貝「シカマイア」の化石とその実物大復元模型を展示しています。


ペルム紀(赤坂)の海
大垣市赤坂の金生山から見つかった化石をジオラマとともに展示しています。フズリナは金生山を代表する化石の一つですが、貝の化石の中には他の地域と比べて異常に巨大なものがあります。

三畳紀(春日)の海
県内では揖斐川町春日地域で見つかっているモノチスという二枚貝の化石を展示しています。

ジュラ紀の海
岐阜県南部に広く分布する地層(美濃帯)の年代を明らかにした化石(放散虫、アンモナイト)とを岐阜県北部の手取層群から見つかった中生代の化石展示しています。

白亜紀(荘白川)の湖畔
恐竜化石で知られる手取層群の中から、高山市荘川町から見つかった貝や植物の化石をジオラマとともに展示しています。

はげしい噴火
飛騨から美濃地方にかけて広く分布する濃飛流紋岩と其のでき方を展示しています。また、激しい噴火の後につくられた花崗岩中の水晶などの鉱物も展示しています。


デスモスチルス類
岐阜県東部の瑞浪層群で見つかった謎の哺乳類デスモスチルス類(デスモスチルスとパレオパラドキシア)の全身骨格などを展示しています。

新生代(可児)の湖畔
可児市平牧周辺で見つかった化石をジオラマとともに展示しています。ゴンフォテリウムとよばれる祖先的なゾウなど、当時の大型ほ乳類がくらしたようすをご覧いただけます。

メタセコイアと湖
現在の濃尾平野から東濃地方に分布する地層や、奥美濃地方に分布する地層から見つかった化石を展示しています。これらは新第三紀の終わりにかけて存在した湖周辺の生きものの化石です。


火山の誕生
約10数万年前に活動を始めた活火山、御岳火山の溶岩や火山弾を展示するとともに、御岳火山の活動の歴史を紹介しています。

濃尾平野のなりたち
濃尾平野ができたようすについてボーリング資料の模型などをもとに紹介しています。また、このころできた坂下段丘について、阿寺断層とあわせて模型で説明しています。

美山(郡上)の動物たち
郡上市熊石洞から見つかったオオツノジカなどの動物化石を展示し、最終氷期の生きものたちの様子を紹介しています。

飛騨の山々
飛騨の山々にすむツキノワグマの親子のジオラマと骨格標本を展示しています。また、高山地域に生息する動植物をスライドで紹介しています。

北アルプスの自然
北アルプスの生物について、野鳥の剥製や植物のレプリカ(複製)を展示して、低山帯から高山帯までの垂直分布を紹介しています。

ブナの原生林
白山山ろくのブナの原生林をジオラマで忠実に再現しています。この豊かなブナ林のジオラマの中には20種以上の生きものがいます。

湿原
郡上市高鷲町ひるがの高原(標高およそ870m)にある高層湿原の泥炭層について、モデルとイラストを用いて説明しています。この高層湿原は長い時間をかけてできました。

鍾乳洞の自然
石灰岩地域にみられる鍾乳洞のできかたとそこに生息する動物を展示しています。長い時間をかけてつくられる自然の造形の中で、生きる動物たちのをじっくり観察してください。

地熱と温泉
岐阜県内にはいくつかの天然温泉があります。その熱源は白山や御嶽山、焼岳などの火山や地熱地帯によるものです。県内の温泉について紹介しています(過去の温泉展の図録もご覧いただけます)。

美濃の河川
濃尾平野を流れる木曽川、長良川、揖斐川は木曽三川と呼ばれています。この中で自然の状態に近い長良川のれきを展示しています。川原のれきと流域の岩石の分布について説明しています。

岐阜の水環境と生物
上流から下流までの河川や湖沼のジオラマとそこに生息する生息する生物を展示しています。「水の国岐阜」の豊かな水環境を紹介しています。

水のきれいさを調べる
河川に生息するカワゲラなどの水生生物を展示しています。また、この水生生物を利用した水質調査(通称カワゲラウオッチング)の方法と県内河川における調査結果も紹介しています。

ハリヨ
岐阜県南西部と滋賀県の一部にすむハリヨのジオラマを展示しています。ハリヨは地下水がわき出ている池や川にたくさんすんでいましたが、近年その生息域も限られるようになっています。

森林の役割
スギの年輪を示す標本と、岐阜県を代表する木の幹と枝を展示しています。森林が私たち人間に果たす役割を紹介しています。スギの年輪標本からは、何年たった木であるかを知ることができます。

帰化植物
もともと日本にはなく、外国から入ってきて、日本で見られるようになった野生の植物を帰化植物といいます。ここでは、県内で見られる帰化植物について、原産国別に分けて紹介しています。

特定外来生物
帰化植物同様、人間活動によって他の地域から持ち込まれた外来種のなかで、生態系や人間生活等に大きな影響を及ぼす特定外来種の動物を中心に紹介しています。

自然展示室2

ふるさとの姿
岐阜県のさまざまな自然の姿を撮影した画像を岐阜県の形のレリーフにモザイク状にデザインしました。

生物の系統
このコーナーは生命誕生してからの長い時間をかけて少しずつ進化してきた道すじ(系統)を立体的に展示しています。私たち人間をはじめ、生物の進化のようすをたどることができます。


岩石
岐阜県にはほとんどすべての種類の岩石が存在しています。ここでは、岐阜県内で見られる代表的な岩石(火成岩、堆積岩、深成岩)を偏光顕微鏡で見た写真とともに展示しています。

鉱産資源
岐阜県内の鉱山でとれた鉱石と、それらからできる製品の例を展示しています。また、県内の地下資源(鉱床)とそのでき方についても説明しています。

天然記念物
学術上貴重な岩石や化石、動植物などは天然記念物として保護されています。岐阜県内の天然記念物230数点について、その詳細を紹介しています(文化財図録の一部を閲覧できます)。

レッドデータブック
レッドデータブックは、絶滅のおそれのある野生生物の生息状況についてまとめたものです。ここでは、岐阜県がまとめた絶滅危惧種について、はく製やレプリカで紹介しています。

野生動物の保護
森や林の中では、さまざまな動植物がバランスよく生きています。この森や林の中の自然を維持することの大切さについてジオラマの中で説明しています。

ふるさとの鳥類
岐阜県内では、約300種類の野鳥が記録されています。ここでは、これらの野鳥を渡りの性質に基づいて、留鳥、夏鳥、冬鳥に分けてはく製を展示しています。

ふるさとの貝類
岐阜県では、約180種類の貝類が知られています。ここでは、氷河期の生き残りとされるカワシンジュガイや大垣内氏の貝類コレクションを展示しています。

ふるさとの昆虫
岐阜県の約8割は森林が占めており、多様な昆虫たちが見られます。このコーナーではギフチョウをはじめ、県内のさまざまな昆虫や、百年公園で見られる昆虫たちを展示しています。

ふるさとの草や木
タンポポやスミレなど、人里で見られる植物の押し葉標本やレプリカを展示しています。また、それら人里植物が山頂でも見られることから、人の活動と環境について考える機会も提供しています。

ふるさとの魚
岐阜県には、多様な淡水環境があり、多くの種類の淡水魚がすんでいます。ここでは、県内で見られる約50種類の魚標本を展示しています。

ふるさとのほ乳類
岐阜県の多様な自然環境に適応したほ乳類は56種類確認されています。ここでは、シカやイノシシなどの大型哺乳類や、百年公園で確認された中型のほ乳類のはく製を展示しています。

地震と活断層
岐阜県は、日本でも地震の多い地域で、これらの地震の多くは活断層が活動したことによります。ここでは、過去に起きた地震の分布や、その地震の揺れを記録してきた地震計を展示しています。

関連ニュース

ページトップへ