岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
催し物案内
催し物案内
イベントを読み込み中

博物館学芸講座特別企画「年号のはじまり―古代の改元―」

年号(元号)は紀年法のひとつで、ある期間の年数につける名称です。もとは中国で行われていましたが、日本においては645年の「大化」をはじめとし、中断の後、701年の「大宝」以後、今日の「平成」、そして5月1日からの新元号まで続いています。一方、美濃は古代の年号にかかわりが深く、奈良時代の「養老」改元の舞台となっています。本講演では31年ぶりの改元という時期に合わせ、現在世界で唯一年号(元号)を使用する日本の年号のはじまりと「養老」改元について、古代史研究の第一人者である遠藤慶太氏を招いて、あらためて年号につ考察していきます。

日時 5月 11日(土)PM 1:30PM 3:00
講師 遠藤 慶太(エンドウ ケイタ)・皇學館大学 教授
定員・条件 120人(中学生以上)
会場・住所 岐阜県博物館 けんぱくホール(関市小屋名1989)
費用・参加費 無料
主催 岐阜県博物館
申込みについて 申込開始 2019/03/12(火)~申込終了 2019/05/10(金)
電話又は岐阜県博物館ホームページの申込みフォームからお申込みください。(定員になり次第締め切ります。)
備考 ・当日の受付は12:30分から行います。
・北口駐車場をご利用ください。なお、駐車場から博物館までは徒歩5分です。
・百年公園北口駐車場は無料です。
・中学生以上が対象です。ただし、保護者の判断で、対象年齢以下でも受入可能とします。
  • HOME
  • >
  • 博物館学芸講座特別企画「年号のはじまり―古代の改元―」

ページトップへ