岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
人文展示室

《郷土のあけぼの》
A 石器を使っていた時代
B 縄文時代のくらし
C 縄文土器と縄文文化
D 弥生時代の道具
E 古墳時代のくらし
F 律令制のひろまり
G 古代の美濃と飛騨
H 仏教の広まり

《地方信仰》I 山岳信仰
J 神仏へのねがい
《武家社会》
K 永保寺開山堂
L 武家の支配
M 戦国の武将たち
N 関ヶ原合戦

《濃飛の江戸時代》O 輪中のくらし
P 村のくらし
Q 美濃の紙すき
R 濃飛の街道と宿場
《郷土の100年》
S 学用品 児童雑誌
T 岐阜のあゆみ/むかしの道具

縄文時代のくらし
縄文時代の人びとは竪穴建物(たてあなたてもの)に住み、動物や木の実をとってくらしていました。
このコーナーでは、縄文人のくらしについて展示しています。

弥生時代の道具
弥生時代の人びとは、米作りをはじめ、きまった場所に村をつくってくらしていました。また、このころには鉄や銅の道具を使えるようになりました。
このコーナーでは、住居の跡から見つかった弥生土器や、祭りに使われた銅鐸などについて展示しています。

古墳時代のくらし
古墳時代になると、おおくの村がまとめられ、それを支配する力をもったリーダーがあらわれました。その人たちのお墓を古墳といいます。
このコーナーでは、古墳のなかの様子や、一緒に埋められていた品物などについて展示しています。

律令制のひろまり
飛鳥時代の後半になると、大王が大きな力を持って法律で国を治めるしくみ(律令制)が日本の政治に取り入れられました。
このコーナーでは、そのきっかけとなった壬申の乱について展示しています。

仏教のひろまり
この時代には、仏の力で国を護ることを願って仏教が広まりました。奈良時代の聖武天皇は日本全国に国分寺・国分尼寺をつくるように命じました。
このコーナーでは、美濃国分寺の様子や、護国之寺(ごこくしじ)に伝わる国宝「金銅獅子唐草文鉢」について展示しています。

山岳信仰

神仏へのねがい

永保寺開山堂

武家の支配

戦国の武将たち

関ヶ原合戦

村のくらし

美濃の紙すき

濃飛の街道と宿場

学用品 児童雑誌

岐阜のあゆみ/むかしの道具

ページトップへ