岐阜県博物館

収蔵資料データベース
  • ホーム | フォントサイズ
  • 公式facebook
  • 公式twitter
展覧会情報

過去の特別展・企画展

2018年度岐阜・リトアニア交流事業関連展示「杉原千畝と命のビザ シベリアを越えて―寿福滋写真展―」
2018/07/28(土)~ 2018/09/24(月)

※本展の会場は岐阜県図書館です。

杉原千畝(すぎはら・ちうね)(1900~1986)は、第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアのカウナスで、ナチス・ドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人たちにビザ(通過査証)を発給し、約6,000人の避難民を救ったといわれます。
そうした杉原千畝の行為に感銘を受けた写真家の寿福滋(じゅふく・しげる)(1953-)氏は、「命のビザ」を得た避難民の旅路をたどる撮影をライフワークとしてきました。本展では、寿福氏の作品群とエッセイを通じて、避難民の足跡を追う中で出会った人々や風景から杉原千畝が残したものを振り返ります。

特別展「理科室からふるさとの自然を見つめて~知れば知るほど面白い標本の世界~」
2018/07/06(金)~ 2018/09/02(日)

戦前の学校の理科室には、トキやライチョウをはじめ、オーストラリアにしかいないカモノハシなどの珍しい標本がたくさんあり、児童生徒は郷土だけでなくグローバルな自然のあらましを学ぶことができました。今回の特別展では、大学や高等学校が所蔵していた戦前の標本をはじめ、生物の分布や分類など調査研究の証拠として博物館が所蔵する標本を多数展示し、生物標本の面白さにふれ、岐阜の多様な自然のすばらしさを紹介します。
画像:カモノハシ(武義高等学校旧蔵)

明治150年展「明治に発想! 天然記念物の祖 三好 学」・「岐阜県誕生―清流の国ぎふの源流を訪ねて―」
2018/06/09(土)~ 2018/07/16(月)

「明治に発想! 天然記念物の祖 三好 学」 
 全国で大切にされている天然記念物。そのシステムを明治に発想し中心となってつくったのは、岐阜が誇る偉人三好学です。彼は幼少期を岩村で過ごし、わずか17歳で土岐小学校長となったのち東京帝国大(現:東大)に進学します。そこで植物学を究め、ドイツ留学を経て名誉教授となりました。教科書「普通植物生態学」をはじめ、桜に関する研究報告など多くの名著を残しました。天然記念物の祖といわれる三好学の功績を紹介します。
「岐阜県誕生―清流の国ぎふの源流を訪ねて―」
 約1300年前、飛騨・美濃両国が誕生しました。この両国は明治維新を経る中で現在の岐阜県へと大きく変貌を遂げました。今回は当館が所蔵する資料に加え、県内各地に伝わる貴重な資料を展示し、「飛騨・美濃の誕生」から「岐阜県誕生」に至るまでの歴史を紐解きます。また岐阜県と清流とのかかわりについて関心を深めていただく機会となるよう、「清流」に焦点をあて、古代から近代までの秘せられた治水工事の歴史も紹介します。

特別企画展「兼定 刀都・関の名工」
2018/04/27(金)~ 2018/06/24(日)

本展は、現代も「刃物のまち」として知られる刀都・関に兼定作刀が一堂に会する初の機会です。特に、兼定銘きっての名工として知られる兼㝎の作品が県内外から多数出品されるとともに、会津十一代兼定の作品もまとまって出品されるので、必見です。

<ご注意ください>
「刀 銘 和泉守兼㝎/慶應三年二月日」(土方歳三資料館蔵)は、期間(6月2日(土)~24日(日))限定展示です。

関連イベントのうち、6月3日(日)のギャラリートーク(特別講座「黒田長政の刀剣」)は都合により中止となりました。
また、6月9日(土)「帯刀体験 本物の刀を腰に指してみよう」は都合により中止となりました。
楽しみにされていた皆様には申し訳ございません。他にもたくさんのイベントを予定していますので、ご参加ください。

6月2日の講演会「和泉守兼定と土方歳三」はおかげさまで定員に達しましたので、申し込み受付を停止しました。
キャンセル待ちも受け付けておりませんのでご了承ください。

画像:押形 刀 銘 濃州関住兼㝎作(中津川市有形文化財 個人蔵)

移動展「恐竜の世界-小田隆が描く古生物の姿」
2018/04/11(水)~ 2018/06/10(日)

図鑑などでおなじみの恐竜をはじめとする様々な古生物たち。その生き生きとした様子を描く復元画は、化石の研究から得られた情報をもとに科学的に制作されたものです。本移動展では、日本を代表する恐竜復元画家である小田隆氏の手による復元画作品を展示するとともに、画家がどのように科学的に作品を仕上げていくのかを紹介します。また、岐阜県博物館所蔵のタペストリー~水面を渉るイグアノドン類~や恐竜骨格模型もあわせて展示します。研究者らとの綿密なやりとりによって描かれた恐竜の姿を私たちに見せてくれる小田隆氏の世界に迫ります。

企画展「命輝く清流長良川 ~清流とともに移りゆく植物~」
2017/11/25(土)~ 2018/02/25(日)

大日岳(標高約1700m)を源流とする岐阜県が誇る清流長良川。そこには豊かな自然が四季折々に命を輝かせます。1500mを超える上流域(亜高山帯)の貴重な草花の数々や、岐阜市周辺の中流域では、金華山の名の由来をもつ黄金色に輝く照葉樹林の特徴的な植物相まで、標高差の大きい本県ならではの豊富な植物の数々に出会えます。

特別展「壬申の乱の時代-美濃国・飛驒国の誕生に迫る」
2017/09/15(金)~ 2017/11/19(日)

古代史上最大の内乱、壬申の乱(672年)において美濃の地と人々は、その内乱の行方に大きな役割を果たしました。一方、内乱が起こった飛鳥時代は、美濃・飛驒地方の原形「美濃国」「飛驒国」が明確に姿を現した時代でもあります。本特別展では美濃が大きな存在感を示した壬申の乱を紹介するとともに、県内を代表する古墳時代から奈良時代の遺跡の出土品を中心とする関連資料をもとに「美濃国」「飛驒国」の誕生に迫ります。

岐阜県博物館移動展「見つめる目 写真家の見た飛騨美濃 ~細江光洋の飛騨・増山たづ子の徳山・後藤英夫の円空~」
2017/07/21(金)~ 2017/09/18(月)

昭和半ばから平成までの飛騨をそこで生きる住民の目線で撮り続けた細江光洋、ダムに全村水没する故郷を、出征して帰らぬ夫に見せるために撮影記録した増山たづ子、そして、強烈な陰影の円空仏写真で知られた後藤英夫。郷土を代表する3人の写真家が見つめ続けた岐阜県の文化と風土をその作品を通して紹介します。

博物館・図書館連携企画展「東西激突!The関ヶ原 ~関ケ原合戦と岐阜城合戦~」
2017/07/21(金)~ 2017/09/18(月)

慶長5年美濃・関ヶ原で繰り広げられた天下分け目の戦い「関ヶ原合戦」(1600年)、合戦自体は僅か一日でしたが、その後200年以上に及ぶ日本の国制を決定づけた大一番でした。この戦いにおいて美濃の地が果たした役割を、その前哨戦として重要な位置を占める岐阜城合戦を含め考察します。また、この合戦が岐阜の人々にいかに語り継がれたかを、各地に伝わる資料により紹介します。

特別展「生きている大地 ~地質図が語るぎふの大地~」
2017/07/07(金)~ 2017/09/03(日)

私たちの住む大地は、数億年前から続くプレートの衝突による地殻変動等で姿を変化させてきました。この活動で造られた岩石や地層等大地の姿を映し出したのが地質図で、科学者の知の結晶です。本特別展では、この地質図をはじめ、岩石・鉱物・化石、高校生制作のデジタル作品他を用いて岐阜の大地の姿をひも解きます。

企画展「関ヶ原 ~天下分け目の合戦と美濃~」
2017/04/22(土)~ 2017/06/25(日)

天下分け目の戦い「関ヶ原合戦」は、慶長5年(1600)に関ヶ原の地で戦われ、一日で決着しました。しかし、その直前、美濃の地は岐阜城合戦(岐阜城城主織田秀信)をはじめとして天下の行方を決定付ける上で大きな役割を果たしました。この企画展では、決戦に至る過程や推移について、県内外に伝わる一流の資料を中心に武将の息遣いなども感じ取っていただくなかで、美濃との関わりを紹介します。

企画展「古生物の復元画 ~小田 隆の世界~」
2017/02/11(土)~ 2017/04/09(日)

恐竜などの太古の生き物の様子を描いた復元画は、化石の研究から得られた情報をもとに、画家と研究者が協力して科学的に作製したものです。本企画展では、日本を代表する恐竜復元画家の小田 隆氏の手による復元画作品を中心に展示し、恐竜などの復元画を科学的に仕上げていく過程を紹介しながら、数千万年前に絶滅した恐竜たちの当時の姿を生態とともに紹介します。

企画展「あなたが知らない鳥の世界」
2016/11/26(土)~ 2017/01/29(日)

鳥類は、徹底的に軽量化した骨格と保温性に優れた羽毛をまとい、絶海の孤島から高層ビルが林立する大都会まで、地球のあらゆる場所に進出し、繁栄した脊椎動物です。今回の企画展では、当館が所蔵する中部地方で最も大きな鳥類コレクションを中心に膨大な鳥類標本を展示することで、鳥の体のつくりや生態を知り、私たちとの生活のかかわりを考える機会とします。

特別展「東海地方の円空仏 ~その造形と足跡をたどる~」
2016/09/23(金)~ 2016/11/20(日)

江戸時代の修験者で僧の円空は、美濃に生まれ諸国を巡り、各地で仏像を数多く造りました。現在5,000体近くが確認されています。本特別展では、円空仏が集中して残る東海地方における足跡を紹介し、それぞれの地域と円空の関連について探ります。

特別展「新・恐竜学 ~鳥になった恐竜の脳科学~」
2016/07/08(金)~ 2016/09/04(日)

恐竜の一部は絶滅することなく、今も地球上に鳥として生き残っています。本特別展では多くの恐竜が、どのように生まれ、進化していったのかを時系列に沿って紹介します。展示では数多くの恐竜の全身骨格を大迫力でご覧頂くほか、特に恐竜の脳の形や鳥類に進化するなかでの脳の変化を、恐竜の透明な頭骨を3Dプリンターで再現し、内部構造が見えるように展示する岐阜県博物館オリジナル資料などを通して、近年の研究で明らかになってきた恐竜の脳について興味深く紹介します。

岐阜県博物館移動展「弥生から古墳へ ~可児・加茂地域の墳墓と集落~」
2016/06/25(土)~ 2016/08/21(日)

弥生時代から古墳時代へ移行する時期は、歴史上では女王卑弥呼の登場からヤマト政権が成立する時代の大きな変革期にあたります。本移動展では、この時期の可児・加茂地域の状況について、墳墓群である金ヶ崎遺跡(御嵩町)、県内最古の前方後円墳である夕田茶臼山古墳(県史跡 富加町)、集落遺跡の顔戸南遺跡(御嵩町)や東野遺跡(坂祝町)など、近年の発掘調査事例から探ります。

企画展「伝統と創造 岐阜県重要無形文化財のわざと美」
2016/04/23(土)~ 2016/06/19(日)

「岐阜県重要無形文化財」に指定された陶芸分野の「志野」「織部」「黄瀬戸」、染織分野の「郡上本染」の各保持者、及び金工分野の「美濃伝日本刀鍛練技法」の保持団体のわざと作品を一堂に紹介します。岐阜県が誇る伝統工芸技術のわざへの理解を深めるとともに、その結晶である作品の美を堪能いただく展覧会です。

岐阜県博物館移動展「ひだの自然」
2016/04/13(水)~ 2016/06/12(日)

岐阜県の飛騨地方は「飛山濃水」という言葉に象徴されるように、山が連なる「山の国」です。標高3000mを超える北アルプスには、地球が今より寒冷だった時代の痕跡が残され、氷河の後退とともに、高山帯に取り残されたライチョウなど特有の生物も見られます。また、飛騨地方には、日本最古の化石や恐竜化石など、全国的に有名な地学事象も数多く存在します。本移動展では、福地の化石やライチョウなど高山帯に生息する動植物の標本を展示し、岐阜県の飛騨地方を象徴する自然を紹介します。

第36回日本自然科学写真協会写真展「自然を楽しむ科学の眼 2015-2016」
2016/02/06(土)~ 2016/03/13(日)

この写真展は、日本自然科学写真協会(SOCIETY OF SCIENTIFIC PHOTOGRAPHY)が1978年に設立されてから、ほぼ毎年開催されてきた展覧会。プロとして活躍する写真家の作品も含め、動植物、水中、天体、地形、風景、顕微鏡写真など様々な分野の自然科学写真を展示します。自然の中の美しさや神秘を感じ、自然と人間との関わり、自然の大切さなどを考える機会を提供します。

岐阜県博物館移動展「みのひだ 古生代の記憶」
2015/12/11(金)~ 2016/01/24(日)

岐阜県では、恐竜時代よりもさらに古い「古生代」という時代の地層から、数多くの貴重な化石が見つかっています。太古の生物の繁栄した様子がわかる多数の化石に加え、生命の大量絶滅を記録した重要な地層も岐阜から発見されています。古生代の生命の栄枯盛衰を、県内産の化石を中心とした資料や復元画により紹介します。

企画展「弥生から古墳へ ~墳墓が語る変革期の美濃~」
2015/11/21(土)~ 2016/01/31(日)

県内最古の前方後円墳とされてきた海津市円満寺山1号古墳の再調査や、県内最古の前方後円墳であることがわかった富加町夕田茶臼山古墳の調査など、県内における近年の調査事例を踏まえ、卑弥呼から大和政権の時代という日本社会の大きなうねりの中にあって、郷土はどのような変化を遂げたのかを紹介します。

特別展「自然のくすり箱 ~薬草とわたしたちの暮らし~」
2015/09/11(金)~ 2015/11/15(日)

薬草の歴史・民俗的な背景や植物がもつ薬としての有効性を紐解くとともに、当館が蓄積してきた「岐阜県植物誌」調査の詳細なデータをもとに、県内各地の薬草の分布とその活用事例を紹介します。薬草への関心を高め、岐阜の自然のすばらしさを再発見していただく機会を提供します。

企画展「三葉虫の謎Ⅱ ~立松コレクション~」
2015/07/11(土)~ 2015/08/30(日)

平成20年に三葉虫の収集家である立松正衛氏の貴重なコレクションをお借りし、企画展「三葉虫の謎」を開催しました。今回はその第2弾として、一層充実の図られた同氏のコレクションを公開しつつ、三葉虫研究の進展に伴い明らかになった形態や生態の特徴について紹介します。

岐阜県博物館移動展「歌川国芳 木曽街道六十九次」
2015/07/18(土)~ 2015/09/13(日)

浮世絵師、歌川国芳が描いた「木曽街道六十九次」は、中山道(木曽街道)の宿場一つに一枚を割り当てて制作した揃物(シリーズ物)です。宿場名やその所在地から連想される戯曲や説話等の登場人物を描きます。全72点を一揃いで所蔵していることはまれで、岐阜県博物館が誇るコレクションのひとつとなっています。

※8月16日(日)~8月25日(火)の間はお休みとなります。

特別展「天下人の時代 ~信長・秀吉・家康と美濃~」
2015/04/24(金)~ 2015/06/28(日)

岐阜の地は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人が統一権力を形成していく中で、重要な役割を果たしました。今回の展示は、信長、秀吉、家康にかかわる岐阜県ゆかりの国宝・重要文化財をはじめとする第一級の資料群から、三人の「天下人」の実像を探り、織豊政権の形成に岐阜の地が果たした役割を明らかにします。

ページトップへ